Concerts, Department of Musicology, Hiyoshi Campus, Keio University

慶応義塾大学 日吉音楽学研究室

コレギウム・ムジクムと古楽アカデミーについて

サンプル

慶應義塾大学コレギウム・ムジクムについて

Collegium はラテン語で同業者、同胞の意味。16〜18世紀にかけてドイツを中心にヨーロッパ各地で、コレギウム・ムジクムと呼ばれる音楽同業者組合や音楽愛好団体が存在してきた。

最も有名な例は、ライプツィヒ大・Ew法学部で学んでいたテレマンが1702年に設立したコレギウム・ムジクムである。この団体は学生その他の演奏による演奏会を企画した。このコレギウム・ムジクムを後に、バッハが引き継ぎ、演奏会はコーヒーハウスの庭などで公開のかたちで行われた。バッハの《コーヒー・カンタータ》(BWV 211) やチェンバロ協奏曲 (BWV 1052) はこのコンサートではじめて演奏されたことが分かっている。

19世紀にはこの言葉は古めかしいものとなり、演奏団体の名称としてはあまり使われなくなるが、20世紀に入ると、音楽学者らが古い音楽の復興のために再びコレギウム・ムジクムという名称の団体を設立する。フーゴー・リーマンのライプツィヒ大学のコレギウム・ムジクムや、ヴィリバルト・グルリットのフライブルク大学のコレギウム・ムジクムなどで、これらが古楽復興の拠点となった。こうした大学のコレギウム・ムジクムは、ドイツをはじめ、オランダ、スイス、アメリカなどに拡がった。戦後の重要な例としては、ウィリ・アーペルのハーバード大学コレギウムや、パウル・ヒンデミットのイェール大学コレギウムなどがある。

慶應義塾コレギウム・ムジクムは2001年度、日吉キャンパスにおける共通科目である総合教育科目の音楽(合唱音楽とその歴史、商学部助教授 佐藤望 担当)の一環として創始された。同年は武満徹、バッハ、ハイドンのミサ曲などに取り組んだが、とくに公開の演奏会を開くことはしなかった。2002年度に経済学部助教授石井明が担当する音楽の授業においてオーケストラ音楽に取り組み、6月にはハイドンの交響曲のコンサートを開いた。2002年度は佐藤担当の合唱の授業履修者からとくに希望者を募り、精鋭メンバーによる演奏(シュッツおよびヘンデル)を今日のコンサートのために準備した。コレギウム・ムジクムが歴史と現在との接点、あるいは異文化と自己の接点を体感する場として慶應義塾における教養教育の一翼を担い、また社会に開かれた大学づくりに寄与するしている。

2012年1月にはコレギウム・ムジクムの有志の学生が集まってバッハの大曲《ロ短調ミサ曲》の演奏を果たした。2012年度より有志の小編成合唱が、教養研究センター設置住友生命保険相互会社寄附講座「身体知・音楽I, II」として正規授業化され、より高度な声楽アンサンブルに挑んでいる。

慶應義塾大学 古楽アカデミーについて

上記のコレギウム・ムジクムから派生したアンサンブ・汲ナ、2012年度より活動をはじめている。小編成の声楽アンサンブルと同様、教養研究センター設置住友生命保険相互会社寄附講座「身体知・音楽I, II」として展開されている正規授業である。 バロック・ヴァイオリン、バロック・オーボエ、ヴィオラ・ダ・ガンバなど、本格的な古楽器を使った器楽アンサンブルを実践している。一般大学において、本格的な古楽アンサンブルを、正規授業として行う例は世界でも極めて希有であり、慶應義塾発の新しい文化発信、芸術教育を目指している。

慶應義塾大学 アカデミー・ヴォーカル・アンサンブルについて

慶應義塾大学コレギウム・ムジクムには当初から、総合教育科目「音楽」履修者からなる大合唱と、さらに深く学びたい小編成合唱の2つがありました。小編成は有志からなる授業外活動でしたが、正規授業に なったことをきっかけに、2013年度から改称してアカデミー・ヴォーカル・アンサンブルとして再出発しました。通常のいわゆる「合唱」を超えて、一人一人がアンサンブルできるより高度な合唱を目指して、ヴォイストレーニングや、歌唱法などの訓練を重ねています。
初年度はコレギウム・ムジクム初の本格オペラ上演モーツァルトの『コジ・ファン・トゥッテ』の合唱を担当し、ブクステフーデのカンタータをソリストもメンバーがになって演奏しました。

Copyright (C) Department of Musicology, Hiyoshi Campus, Keio University. All Rights Reserved.